head2
RINKOのzo insung(趙寅成)中毒な日々と韓国映画とドラマ

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返られる地点 『卑劣な通り』

「霜花店」を語る前に、もういちど「卑劣な通り」を振り返ってみます。

卑劣な街 プレミアム・エディション [DVD]卑劣な街 プレミアム・エディション [DVD]
(2008/02/22)
ナムグン・ミンチン・グ

商品詳細を見る


ぜひ、2月公開の「霜花店」をご覧になる予定の方は、『卑劣な通り』を観てほしいです。
ま~さんざん過去にも語っているので、また言ってるよ…と思いながら読んでいただけたら(笑)。

長いですよ~。

続きを読む »

スポンサーサイト

『卑劣な街』最終日

12日は六本木シネマートで『卑劣な街』の上映最終日でした。

なんと!満席完売でしたよっ
シネマートさん、ちゃんとインソン君に伝えてね!

まさにインソンファンのための上映会・・みたいな熱い観客ばかりだったようでしたよ。もちろん知ってる顔もちらほら。エンドロールでは拍手が起こってました。もちろん、私も大拍手!そのために行ったんだし。

もうこの映画、何度目かしら。
でも、回数を重ねるごとにわかってくることがあって、毎度「なるほど・・」と噛みしめるのでした。特に今回は、この間、来日時にインソン君自身が映画について語ってくれたことをあらためて確認しつつ観ました。

初見で目をそむけたくなった泥の中での乱闘シーン。
今回はその痛々しいシーンさえ、切なくてうるうるする始末。
静かで細かい動きにまで見逃さないように・・ガン見してたかも(爆)。ホント、素晴らしい映画でした。最後に観れて幸せでした。


初見のときのレビューはこちら→
キャストについてはこちら→ 
音楽についてはこちら→
基本的には印象は変わっていませんが、簡単に今回のレビューです。

今回、ちょっと注目したのが、ビョンドゥが

『俺は悪いことをしていない』

と語るシーンが3度ほどあります。
最初はヒョンジュが自分の仕事を知ったとき、『俺はヤクザだけど悪い人間じゃない。会えばわかるだろ』と言うシーン。2回目は、ヒョンジュの不倫相手をなぐった後『俺は悪いことはしていない。あいつが悪いんだ』と言うシーン。そして、(兄貴を殺し、兄貴の地位に自分が座ることになった後)引越の最中、刑事の聞き込みがあって母親がビョンドゥのことを嘆いたとき。雨をぼんやり見ながら『何も悪いことはしていない』と言うビョンドゥ。

実際、彼が凶暴になるのは愛する人のためだけでした。『愛する人を守るため』なら、それは仕方ない、悪いことではない。愛する家族を幸せにするためなら・・と自分に言い聞かせるかのようなセリフです。

そして、
ヒョンジュに『あなたが恐い』と言われたとき。

毒蛇組(だっけ?)に母や妹が狙われているとわかって、家にかけつけたときに母親に言われた『あまえに守ってもらわなくてもいいから、出て行きなさい』と言われたとき。

すべて愛する人を守るためにやってきたことなのに、その愛する人から否定されたとき・・彼は彼の人生そのものを否定されてしまったような気持ちになったはずです。何のために自分を殴り、人殺しまでしてきたのか・・。

そして、最後の最後、自分が大切に思っていた家族から刃を向けられてしまう結末。

もう完全否定です。
彼の存在は抹殺です。
弟や妹や恋人が彼の最期さえ伝わることはありません。
何ひとつ救いもありません。

彼が生きてきた証も意味も残したものもないです。
ただ

『なぜ、ビョンドゥは消えたのか。ただ私たちを捨てて消えるような人ではない』

と弟や妹もヒョンジュも残されたものたちは、ずっと一生思い続けることでしょう。それがせめてもの救い・・でしょうか。。悲しいけど。



会長が『物語は物語だ』とこれまた自分に言い聞かせるように言いますよね。自分にとって目障りなことは、すべて作り話として消していく。チングが座った席はかつて歴代の兄貴が座っていた席です。
きっと、あの会長はその後も同じことを繰り返していくんでしょう。
ファン会長を演じたおじさん。いい俳優ですよね。
ホント悪くて(笑)。あらためて拍手


しかし、ビョンドゥにこんな最期に導いたのはミノです。
これが結論。



それから今回、ガン見して素敵だと思ったのが、インソン君の瞬間の目の演技。

*妹に携帯をあげるときの目。妹を見るときはとっても優しい目になったビョンドゥです。

*同窓会の2次会、ヒョンジュが唄っている姿を口あけて眺めているとき、ポケットの携帯が鳴った瞬間。画面には映っていないポケットの携帯が鳴ったことがわかる目の演技。ふとヤクザの現実とつながってしまった瞬間。

*唄っているヒョンジュを廊下から眺めつつ、人殺しに出かけるビョンドゥの目。悲しい・・・。

*会長とミノと一緒の席で、カラオケでかつてヒョンジュが唄った歌を唄います。唄ううちに彼女を思い出し切なくなっていくのが目でわかります。みるみる目が潤んでいきます。

*ミノの映画を観たときの目。このシーンはぞっとします。

*子分に指された瞬間、チングの顔を見ながら生きたえた瞬間の目。あぁ・・。


今回はとてもインソン君のそんなふとした演技が印象的でした。
しかし、くぅ~~イ・ボヨンよっ!
ヒョンジュが寝込んでしまってご飯を作るビョンドゥ。
超~~~~~うらやましいぞっ!こことキスシーンは、まじ!うらやましいぞっ。ビョンドゥ鼻息荒いしっ。おいしすぎ。


・・ということで、ざっと今思いついたことだけ書いてみました。


インソン君、素敵な映画をコマオォ~~♪

韓流シネマフェスティバル2007

picture
邦題は『卑劣な街』になったのね。
8月の上映は明日までなので、なんとか仕事の合間むりやりだけど(笑)、時間作って六本木シネマート行ってきました。


ああぁ~~無理してでも、観に行って本当に良かったです。
そう、かつて

『え゛ぇ~~~~坊主頭ぁ~~~』 とか

『なんでヤクザなの~~~~~~』 とか

『いつまで撮影してんの~~寂しいじゃん~~』 とか

『もっと女性受けする映画にしようよ~~~』 とか


文句ばっかり言ってたこと大反省

ごめんね、インソン君。


なんかね・・・なんでこの映画だったのか、なんで坊主頭だったのか、なんで長いこと撮影してたのか、なんでラブストーリーじゃなくてやくざ映画だったのか・・・ってことが、すべてがわかったような気がしたんです。インソン君がこの映画についてのインタビューに答えていたことがね、『あぁ、そういうことだったのか・・』とピタっとつながったという感じ・・。


とにかく、ひとり静かにこの映画を観たかったので、ひとりで行ったのですが、帰り道、しみじみ思いました。

インソン君のファンでよかった♪

私が思ったとおりの俳優さんだった♪と。

そして、じわじわとこの映画の良さがこみ上げてきて、胸がざわざわして・・・いろんなことを考えながら帰ってきました。

あらためてレビューは書きたいと思います。
たくさん書きたいことあるし。。


やくざ映画は嫌い、暴力シーンも苦手、男の仁義やら義理やらくだらないから大嫌い・・・なんですが、映画館出て、素直に『この映画もう一度、大きなスクリーンで観ておきたい・・』と思い、そのままカウンターへ行き、10月の最終日、最終回のチケットを買って帰ってきました。



10月12日19時~。『卑劣な街』最後の上映です♪
最後の最後にもう一度、インソン君の映画が観たい。
そして大きな拍手をしよ~と思います。

皆さん、ご一緒しませんか?

もう観ましたか?

インソン君、来日して可愛い笑顔を振りまいて帰ってしまったようですね。

今回の来日は本当に感慨深いものがありました。
あのソウルでのファンミ後、いつか映画俳優として日本に来日して舞台挨拶などしてくれるような俳優さんになって欲しい・・と心から思ったのですが(おそらく過去ログをたどれば、そんなことを切々と語ってると思います)、実現したんですものね。涙が出るほど嬉しいです。


んで、『卑劣な通り』観ました?
私はまだですが、大きなスクリーンで観なきゃ。
今週いっぱいでしたっけ?今週逃すと10月でしたっけ?
なんとか仕事都合をつけて、観に行きたいと思います。
静かにじっくりとビョンドゥに会いたいと思います。



ショック・・・・

先週、毎年恒例の寅成花組『インソン君のバースデーパーティー』で楽しい日を過ごしたというのに・・・



ガ~~~~ン・・・


舞台挨拶付き『卑劣な通り』のぴあプレリザーブに・・・・はずれた


ショックで寝込みそう。

映画『卑劣な通り』日本公開♪

皆さま、やっと思いが通じましたね~。
我がシネマートさんが『韓流シネマフェスティバル2007~ルネサンス~』で『卑劣な通り』を上映してくれることになりました。
一般公開でないのは、あれ?という気もしますが、そんな贅沢はもう申しません。日本ウケの難しいテーマの映画をよくぞ日本に持ってきてくださいました。そんな太っ腹シネマートさんに感謝、感謝。

ぐふっ、大スクリーンで観れるのね
『2007年夏、ビョンドゥに熱くなるっ!』というキャッチコピーでシネマートに行きませう(なんだ、そのコピーは・・)。

卑劣オフでもやりますか~♪

まだまだ『卑劣な通り』

終わってなかったのか!『卑劣祭り』(爆)。はい・・まだ終わっておりませんです。まだ語ることがあるのか!?・・あります(笑)。

私が好きだったシーンを書いておかなくては。

★トランクス姿のインソン君hiretu11

いや、以前、ちょこっとトランクスが見えているインソン君の写真だけで花組では大騒ぎだったんですが、皆さんはこのシーン、大丈夫だったでしょうか?

いや、トランクス姿が嬉しいとか・・そ~~いうことじゃなくて(@^^@)、私はトランクスに手をつっこむインソン君の姿でさらに彼が好きになりました。見逃した方はぜひ巻き戻して観てください。超美男子のチョ・インソンがですよ!品もなくトランクスに手を突っ込むなんて・・・こういうことができるインソン君が大好き。ヒョンドゥという男を思うと、とても自然なのです。花美男と言われる俳優がコレできるかな~~~!?チャン・ドンゴンとか、ソン・スンホンとか、サンウとか・・こういうのやるかな~。・・・チョン・ウソンならやるかも。


★ミンホの部屋のベットで苦悩を打ち明けるシーン
この時の涙のシーンは良かったですね。
まさにビョンドゥの泣き方だと思わせる涙。
涙のインソンと言われましたが、ジェミンやウンソプとは違います。


★ヤクザの顔とミンホやヒョンジュと会っているときの表情hiretu12
ミンホやヒョンジュと会っているときのこの笑顔でどれほど救われる思いだったか。ヤクザで恐いくらいな顔の時とこの表情の違い・・うまかったですね~。


★ラストシーン
ネタバレになるので詳しく書きませんが、ラストのなんとも言えない表情。兄貴を殺す時の表情もすばらしかったですが、このラストのシーンは本当に本当にセリフがないだけに切なくすばらしかったです。

きっと今までもちゃんと彼の中でキャラクターを消化して演じていたと思うのですが、ジェミンやウンソプは感覚的だった気がします。でも、ヒョンドゥほどよく考えて消化吸収してから演じた役はなかったように感じました。長い撮影期間でしたが、それは必要な時間だったのかな~と思います。

映画『卑劣な通り』~キャスト

まだまだ、語り足りないRINKOでございます。誰もついてこれてない(?)『1人卑劣祭り』状態かもしれませんが、いい~~んです。

昨日も仕事の打ち合わせだっちゅ~のに、インソン君の素晴らしさを語る、語る、独演会かってくらい。呆れて聞いてた編集者に

『RINKOさん、女性ホルモン出まくってますよ・・』

と言われました(笑)。さらに

『心のどっかにインソン熱の元火があって、いつでも発火して熱くなれる、あなたがうらやましい』

とも。ふふっ、そうでしょ、そうでしょ(←意味わかんないけど)。私のインソン熱の元火は消えることはないのよっ(←また壊れてます)。

さて、キャスティングについて、ちょっと触れておきたいと思います。はい。この映画を制作中は、脇役のキャスティングにぱっとしないだの、重みがないだの、ブ~ブ~言ってた私です(ブ~ブ~言い過ぎてました・・反省)。でも、出来上がってみると脇は若かったけど、インソン君の容姿とかキャラにちょうどバランス良かったかもしれません。ま~脇にアン・ソンギ先生が出てれば、いい映画になるのか・・ってことですよね(笑)。いや、「Duelist」のことを言ってるわけじゃないですよ。。


続きを読む »

映画『卑劣な通り』~音楽

ジェミンのファッションチェックをやりつつ、私の中では『いまさら卑劣祭り』状態なので、卑劣ネタいきます。

ユ・ハ監督の映画って音楽が独特で、好き嫌いのはっきり出るところですが、今回はなかなか良かった気がします(笑)。

また長いので折りたたんでおきます(^^;)。

続きを読む »

あらためて映画『卑劣な通り』

結果を見れば、映画『卑劣な通り』は観客動員数200万人を超えたヒット作となりました。インソン君は大韓民国映画大賞 主演男優賞を受賞です。←何度観てもドキドキするし、何度観ても嬉しくてもらい泣きしてしまいます。しみじみ本当に嬉しいです。撮影中は、いったい、いつまで撮影しているんだろう・・と、とても寂しい思いをしましたが(笑)。

hiretu1

私は前にも書きましたが、ただ刀を振り回し、ピストルを撃ちまくり、人を殺しまくる・・ヤクザ映画は大嫌いなので、この映画もそんなところかとあまり期待していませんでしたが、でも、『あぁ~試写会ツアーに行けばよかった』と後悔しました(笑)。

とてもよく編集されてるなぁ~と思いました。乱闘シーンの激しさのわりにセリフなどはあまり露骨でなく、ものすごく押さえてあって、考えられているな~と思います。長い撮影期間だったけど、編集に時間がかかったんじゃないのかな?と思ったりしました。こういうタイプの映画でもう一度観たいと思った映画ははじめてだったけど。それは私がインソン君ファンだから??そ~~~かな~~~。

また、語るとすっごい長いです。ストーリーは細かく書きませんが、ネタバレもあります。『試写会ツアー』に行かれた方にとっては、いまさら・・な感じかもしれませんが(スイマセン、遅くて・・)、私の1回目鑑賞の感想です。 

続きを読む »

 | HOME |  »

FC2Ad






MusicPlaylist
Music Playlist at MixPod.com



インソンホリック♪ストア~ open!





*このブログについては→コチラ

*感想、お問い合わせなどは→コチラ  



*コメント、メール大歓迎です。
たいへん申し訳ありませんが、
季節労働者のような仕事をして
いるため、忙しい時期はコメント
ひとつ、ひとつにお返事をしている
と、まったくブログが更新できない
状態となり、お返事できる時期と
できない時期とあって、かえって
失礼かと思い、現在、コメントへ
のお返事はしておりません。
ごめんなさい。
でも、すべてちゃんと読ませて
いただいて、いつも元気をいた
だいています。ありがとうございます。




Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

プロフィール

RINKO

Author:RINKO
zo insung(趙寅成)に中毒な幸せな日々と韓国ドラマと映画♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。