head2
RINKOのzo insung(趙寅成)中毒な日々と韓国映画とドラマ

2006-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛読者カード2

前回、愛読者カード(2/27記事)をまとめて読ませていただいた以後、届いたカードを昨日拝見しました。たくさん送っていただいて感動です。
ありがとうございますm(_ _)m。

また、書いてくださったメッセージ・・もう涙が出るくらい嬉しいメッセージばかりで。温かいメッセージありがとうございました。しかも、20代~70代まで幅広く読んでいただいていることがわかり、さらに嬉しいです!でもね、世代は違えど思いは同じなの・・そこが素晴らしいところ!韓ドラさいこ~~~。

私のまわりにも、この本を読んでくれて『バリでの出来事』を観て、期待を裏切らず廃人になってくれている人もいるんですが(しめしめ・・笑)、愛読者カードにも、同じように廃人になってくださって、さらにこの本を参考にドラマを観てくださっている方も・・ありがとうございます。

『また、書いてください』と書いてくださっている方もいて、この言葉は物書きにとって最高のお褒めの言葉です。ありがたくて、ありがたくて。

愛読者カードを送ってくださった皆様に心から感謝申し上げます!
おおいにはまって、おおいに恋をしましょ~~~~♪


スポンサーサイト

『ジキル&ハイド』東京公演・楽日

jigihai5
東京楽日以来、ドライブのお供はジギハイOSTでございます。たいへん失礼ながら、「ジギハイ」OSTはスンウ君は6曲しか歌ってません。んで実はスンウ君の歌以外は今まで聴いたことなかったの(爆)。すっごい失礼よね。でも、今はすべて聴いております。生との違いはあるものの、あの感動を再び・・という気持ちになります。それでもスンウ君の歌はCDでもやっぱり違う。それで楽日の報告。

jigihai4

なんと楽日の席は・・1列目右寄り!目の前でジキルが息絶える場所ですよ!チケット取ってくれたUちゃん、ありがとう~~~~!もうどんなに嬉しかったことか。

さて、1回目は1階左寄り。2回目は1階のセンター真ん中あたり。どちらも本当によく舞台全体が見渡せて、字幕も観やすく、音もよく聞えました。でも、スンウ君の細かい表情までは見えてなかったので、楽日の1列目は私にとっては最高です。
生舞台は席によって全然見え方も聞え方も違うのでおもしろいですね。

・・ということで、楽日はとにかくスンウ君の細かい表情に注目しながら観ました。やっぱり遠くからは見逃していた繊細な演技に釘付けで、すっかり引き込まれてしまい、3回目というのに最後は涙が・・・。素晴らしい演技もさることながら、本当にがんばって素敵な舞台を見せてくれたことへの感動も。

東京楽日ということで、そろそろ疲れも出てきているはずですが、歌も良くなっていました(でも歌い上げる最後の音を落としていた曲がありましたが・・喉がつらかったんでしょうか)、なんと言っても楽日の演技の力の入りようが半端じゃなかったです。力を振り絞り、気持ちを込めて演じているのがわかりました。

カーテンコールの時、着物で一番前で大声で奇声をあげていたのは私です(爆)。エマやルーシー、スンウ君の登場を待っている間、目の前に立っていた若い役者さんが手を振ってくれました(笑)。かなり目立っていたよね・・やっぱり。

つくづく思ったのです。
スンウ君はただ演技がうまいとか、歌がうまいとか、そういうレベルじゃなくて、器が違うのだと。そして、何より今回感じたのは、どんな環境の中でも、自分の持っている力を十分に発揮できるのも才能だと。そういう瞬発力というか、柔軟性というか、そこが彼のすごいところだと思います。何者にも左右されない強さというか、しなやかさというか、プロ意識というか。

楽日公演のロビーで、今回の舞台のプロデュースを行うODミュージカルカンパニー代表取締役のシン・チュンスさんがいらっしゃって、一緒に写真を撮っていただきました。これだけのミュージカルを見せてくれて感謝の気持ちでいっぱいで、たくさんの人に囲まれて「ありがとうございました!」攻撃でした(笑)。その後も会場の前でエマさんを見つけ、一緒に写真を撮っていただきました。思ったより華奢な方でしたが、綺麗な方でした。

その後、スンウファンの皆さんのお食事会の仲間に入れていただいて楽しく興奮を分かち合いました。ホント楽しかったです。興奮したまま帰ったからか、感動を友達にメールしていたら・・駅乗り過ごすし・・(笑)。正直、私も大阪公演も行きたくなって何度もスケジュールを確認してしまいました。無理だったけど。

まだ、ちょっとスンウ熱です。
私にとってスンウ君はちょっとインソン君とは違う存在です。
俳優とか役者とか・・じゃなくて、スンウ君はアーティストというか、クリエイターというか、職人というか・・そんな感じで、ものすごく刺激を受けます。五感に響くというか、なんとも言えない魅力。

それと今日、Uちゃんが送ってくれた韓タメのスンウ君のインタビューを観ました。ジギハイ公演前のインタビューですが、あぁ、なんて賢い子なの。あの落ち着きは何?あの歳で、ちゃんと自分の言葉を持っていて、考えやポリシーを持っている・・すごいわ。早く『とかげ』観たいです。次はどんなスンウ君かしら~~~。

あらためて、こんな俳優は日本にはいないなぁと思います。
加賀さんの代わりに若手でジキル&ハイドがやれる俳優いるかな~。日本のミュージカル界は四季に偏りすぎだし。スターという存在がいないもんね。いいんかい、それで!

舞台俳優でスンウ君くらいの年齢で活躍しているのって・・・藤原竜也?いい役者だと思うけど・・歌えないよね。あとは誰?・・思いつかない。上川達也さんに歌ってもらうか?う~~~ん、やっぱり内野聖陽さん?でも、それくらいの年齢じゃないといないよね。ま、いいんだけど、スンウ君がいるから(←訳わかんないし・・)。

・・ということで、また日本で上演してくれることを祈りつつ、私のジギハイweek、本当にハッピーでした。

ジキル&ハイド 公式HP

【スンウ君関連記事】

チョ・スンウ、 『ジキルとハイド』で日本で大人気(innolife)

【フォト】ミュージカル『ジキルとハイド』、日本列島上陸(朝鮮日報)

チョ・スンウ主演ミュージカル『ジキル&ハイド』  日本初舞台(wowkorea)

チョ・スンウ「ジキル&ハイド」大絶賛も…(k-plaza)

チョ・スンウ「韓国より反響大きく驚いた」(朝鮮日報)

チョ・スンウ、『ジキルとハイド』で観客を“韓動”(朝鮮日報)

チョ・スンウのジキルとハイド(innolife)

映画『ラブストーリー』がTVアニメ化(朝鮮日報)

[映画] カン・ヘジョン、チョ・スンウ、’時間を止めたいです’・・・映画「とかげ」(bunkakorea)

[映画] カン・ヘジョン-チョ・スンウの映画「とかげ」、Fly to the skyと合体(bunkakorea)

「Hedwig」の演出者 『チョ・スンウはあまりに上手で心憎い』(innolife)

メモ

連日、舞台やら映画やら行きまくってて書こうと思いつつ、まだ書けてないのが、

●19日のジキハイ楽日のレビュー
●21日の韓シネフェス『ラブ・インポッシブル』のレビュー

あともろもろ・・小ネタ。
今週、ぼちぼちアップします。

やっとインソン君の映画今月末にクランクアップ、7月頃公開とニュースがありましたね!6ヶ月も撮影してたんだね。

韓流シネ・フェス『ラブ・インポッシブル』

忘れているわけではありませんが、11日から韓シネ・フェス2006が始まってますよ~。

『ラブ・インポッシブル』は明日18日からです!私も来週観にいく予定です。
nannan4
んで、これが『ラブ・インポッシブル』のパンフレット!

なんと1冊40ページでございますよっ!
映画の中のインソン君が盛りだくさん。この映画はラブコメですが、実は南北の問題をテーマにしています。なので、私たちがよくわからない南北の問題もわかりやすく解説してくれています。いたれりつくせり。

この映画だけでこれだけのパンフを作ってくださったcinemartさんに感謝!感謝!写真集のないインソン君・・だもの、ちょっと嬉しいです。ちなみに、このパンフに私のインソン俳優評もコラムとして掲載していただいております。

上映されるすべての映画にパンフがあるわけじゃ~ござんせん。人気投票で上位だったものだけなんですって♪ジソプ&インソンという「バリ出来」コンビが1・2フィニッシュだったんですね~。

ぜひ、cinemart六本木に行かれる方はパンフをチェックしてくださいね♪


ホントはスンウ君の『下流人生』とかいっぱい観たいものがあるんですが、今週から自由がきかない春休みに突入(涙)。なんとか時間をしぼり出したいです。

ミュージカル「ジギル&ハイド」3/15-2回目

jigihai3
↑このシーンのスンウ君が好きです。(パンフより)

2回目のジギハイに行ってきました。いやね・・私がべた褒めするとですね

『そりゃスンウ君ファンなら、そう言うでしょうよ』

と思われるんじゃないかと・・前回もちょっと控えめに感想を書いたんです(あれで!?)。私自身も冷静になって観ようと思っておったんです。が・・・ですね。やっぱり、彼は天才です。前から思ってたことですが・・確信しました

だまされたと思って、ぜひ劇場に行ってみてください。今日もまったくスンウ君を知らないお友達を誘って行きましたが、感動して涙ぐんでました。劇場を出るときも観客の人たちが口々に

『チョ・スンウはただの映画俳優じゃなかったのね~』

と話していました。内心『そ~~~なのよ!ただものじゃ~ないのよ』と答えつつ(笑)私も劇場を後にしました。

スンウ君の韓国でのジギハイ公演を何度も観ているきょんさんから初日の出来について、あ~~んなもんじゃない・・というお言葉に、いや私は十分満足だったと思いましたが、きょんさんのお言葉はまさに本当でした。何度鳥肌が立ったことか。んで、まだまだ回を重ねるとすごいんだろうな~と思わせるものが。

3日目と初日ではスンウ君の歌声が出だしから全然違いましたね。やっぱり初日は硬くなっていたんですね(初日だけ観てたら、わからなかったけど)。同じ作品でも、舞台俳優にとって箱が変わるってたいへんなことだものね。ホントに2回目観てよかった。

特に良かったのが、ハイドの時の声。あの最初にジギルからハイドになった瞬間は素晴らしかったですね。ジギルのときとハイドのときの声の切り替えも鮮やか。あれを瞬時にやってのけるって、相当の演技力が必要。なんか、スンウ君の歌にも演技にも自信と確信が出てきてる感じ。私も2回目ともなると、字幕を追う必要がないので、かなりスンウくんの細かい演技も堪能できました。しかも、1回目はオペラグラスで見逃したキスシーン。今回はちゃんと構えて、ばっちり!キスシーンにうるさい私は、特にスンウ君のキスシーンは見逃せない(爆)。やっぱり好きかも(*^^*)。

しかし、なんなんでしょうね~あの魅力。ホントにスンウ君を作品の中で観るたびに・・そう思うのです。作品を観ているときは引き込まれて夢中になってて、作品が終わった瞬間、完璧に惚れてるわ・・っていうあの感じ(爆)。あのジギハイ終わって、挨拶に出てきてハイドになって去るときのかっこよさと言ったら!でもね・・あのかっこよさは、きっちり仕事をやったからかっこいいんですよね。

ジギルに惚れて、ハイドになったスンウ君を『げっ!カッコいい!』と思ってしまう・・これってスンウ君がジギルの善とハイドの悪をきっちり表現できたからでしょうね。うん、うん、そうだわ(一人で納得・・)。

女優陣も素晴らしい歌声。拍手せずにはいられません。ホント、何度聴いても素晴らしい。他の俳優さんの中にも、これはオペラレベル?って方もいらっしゃるレベルの高さ。

今回はカーテンコールも答えてくれて出てきてくれた時の嬉しさって言ったら!奇声をあげて喜んでしまいました。

絶対、あの舞台はたくさんの人に観て欲しいです。観て損はしないどころか、観ないと損です。残すところ、あと4回しかない!チケットまだあるそうです。ぜひぜひ皆さん、あの素晴らしいスンウ君を観てくださ~~~~~い!!!!

1回目より2回目の方が感動を増して興奮度もアップしてます。2回目を観終わって・・『まだもう1回観れると思うと幸せ』と思いましたよ。きっと楽日は、もっともっと素敵なジギハイになっているに違いないと・・楽しみが倍増してます。いや、できることなら、楽日前にもう1回行けないか・・とスケジュール帖を開いている私。

日本公演の観客は、きっと日ごろミュージカル観てない人が多いでしょうね。このジギハイは、韓国では即日完売で、また韓国での再演が決まっているそうです。私はスンウ君の作品ということもありますが、韓国の人たちにこれだけ受け入れられている作品を観たいと思っていました。実際観てみて、こういうミュージカルを楽しめる文化的意識の高さって・・とまた、ちょっと新たな発見でした。きっと韓国の劇場で観ると観客の反応が違うんでしょうね・・。それも体感してみたいです。


・・・ということで、全然冷静な感想になってませんが、皆さん、ぜひぜひ劇場へ。私も楽日楽しみです!<でも、あと1回でもう観れないんだと思うと、すでに寂しくなってますが・・>

ミュージカル『ジギルとハイド』初日

jigihai2
実はですね、このミュージカルを3回分チケットを確保して、はたと
『万が一・・おもしろくなかったら、3回も観れるかな・・』と正直不安になっていました。



と~~~~~んでもなかったです!!ごめんなさい。
初日の幕が下りたとき・・私は『あ~~~3回分取っておいてよかった!今回観ておいてよかった』と思いました。スタンディングオベーションで、なかなか拍手がなりやまなかったです。初日なので、MBCなど韓国のテレビ局の取材陣もたくさんいました。

スンウ君、素晴らしかったです。ホントにホントに素晴らしかったです。夢にまで見た生スンウ君の生声です。こういう正統派なミュージカルで、あの年齢で、あの貫禄で、あれだけの歌が歌える・・舞台が彼のためにあるように見える瞬間が何度もありましたね。初めての海外公演で、緊張してたんでしょうか?そんな風にも見えませんでしたが。

しかし・・スンウ君も素晴らしかったですが、女優さんも素晴らしかったですね~。あのものすごい声量。ふと日本のミュージカル俳優さんたちってどうだったっけ?と思ってしまいました。途中、私はエマとルーシー同様、ジギル博士に惚れてましたので、あの歌声は心に沁みました(笑)。

まっさらで観たかったので、あまり前知識を持たずに観ましたが、やはり字幕を追うのがたいへんでした。って、何せオペラグラスでスンウ君の表情が見逃せないので、忙しくて(笑)。正直、会場がこのミュージカルにふさわしいか・・ちょっと疑問ですが(もっと音響効果のいい会場がたくさんあるでしょうに・・とも思いましたが)、それでも生オケだったのは満足。

ここのところ、いろんな日本の舞台を観ていたんですが、ミュージカルが久しぶりだったこともあって新鮮。もうちょっと遊びのある脚本かと思ったら、とても正統でしたね。でも、<・・麻薬?>と言ったスンウ君の表情・・・チョウォン入ってました、ってそんなことない?(笑)。

今回はセリフを追うのもたいへんだったので、次回はもうちょっと余裕を持ってスンウ君の演技や歌に集中できるかな。1回観たけど、次回も楽しみ。

チケットが安くなっているという噂がありますが、私は正規の値段でも価値があると思います。安くなっているのならなおさら、ぜひぜひあの歌声を生で。舞台は生に限ります。

-----------------------
tokage2
スンウ君といえは、今年はカン・ヘジョンちゃんと共演した映画『トカゲ』(韓国公式)が楽しみ。韓国で4月公開です。日本公開されますよね?なんか、久しぶりのスンウ君のラブソトーリーがとっても楽しみ♪

公式HPには、ミュージックビデオやメイキングなどもあります。
このミュージックビデオの中で、スンウ君が『カジマ・・』というシーンがあります。おぉ~~~「カジマ@スンウ版だわ!」と嬉しくなりました。スンウ君らしい演技がまたまた・・ストーリーもわからないのに、うるうるします(笑)。

ジギル&ハイドもそうですが、どの役も本当に別人で・・この映画のスンウ君は素に近いのかな~?なんか、素っぽくて素敵。早く観たい。

とうとうインソン君ファンクラブ!?

紅ちゃんが教えてくれた・・わ~~い、とうとうインソン君日本でのファンクラブです。

・・というか、あまり日本進出に興味なさげに見えたsidusですが、いつの間にかHPができていたのね。見落としていました。

sidus japan official

こちらでファンクラブ会員募集しています。
インソン君とウソンssi両方入りたい(笑)。

日本では「消しゴム」効果でかなりウソンssiの人気が出たし、チャ・テヒョン&チョン・ジヒョンは映画ファンには人気があるし・・・考えてみたら、これから『デイジー』『波浪注意報』は公開が決まってるし、きっとインソン君の映画『卑劣な通り』も!・・『卑劣な通り』の日本公開が一番怪しいですが、これもきっと日本でのファンクラブの人数とか考慮されるんでしょうか。

そうそう、ウソンssiは21日『デイジー』のプロモーションで来日ですよん!

今年公開映画

さてここで韓流シネ・フェス以外で、今年公開予定の映画を整理しておきましょ~~。映画公式HPにリンクさせてます。


★現在公開中
美しき野獣
力道山

★3月公開
3/28 春が来れば

★4月公開
4/8  タイフーン 
4/15 連理の枝(れんりのえだ)
4/22 デュエリスト

★5月公開
5/27  デイジー 


★秋公開
ドンマッコルへようこそ

波浪注意報(韓国公式


★日本公開決定(すでに高額で日本に購入されているけど、いつ公開かわからない映画)
百万長者の初恋(韓国公式

青春漫画(韓国公式

映画「私の頭の中の消しゴム」DVD

私の中では昨年公開の映画の中では、ベスト3に入る映画でしたが、3月10日DVDが発売されるそうです。最近、DVD化が早いですよね。

しかも・・初回限定スペシャルボックス、プレミアム・エディション、通常版と3段階です(!)。
松・竹・梅ってな感じでしょうか?

私の頭の中の消しゴム SPECIAL BOX (初回限定生産)
ジェネオン エンタテインメント (2006/03/10)


私の頭の中の消しゴム プレミアム・エディション
ジェネオン エンタテインメント (2006/03/10)


私の頭の中の消しゴム
ジェネオン エンタテインメント (2006/03/10)


なんだか、惑わされているというか、踊らされているというか・・そんな気もしますが、
まぁウソンssiの『あのフェロモンをもう一度』という方は逃すわけにはいかんでしょう。

そこでDVD発売にあたってのウソンssiの動画コメントを見て、ウソンssiのしゃべってる顔を見てるだけで、なんだかテレてしまいました(なぜだ!?)。いやぁ~やっぱりいい男だわ。

動画コメントはコチラ

 | HOME | 

FC2Ad






MusicPlaylist
Music Playlist at MixPod.com



インソンホリック♪ストア~ open!





*このブログについては→コチラ

*感想、お問い合わせなどは→コチラ  



*コメント、メール大歓迎です。
たいへん申し訳ありませんが、
季節労働者のような仕事をして
いるため、忙しい時期はコメント
ひとつ、ひとつにお返事をしている
と、まったくブログが更新できない
状態となり、お返事できる時期と
できない時期とあって、かえって
失礼かと思い、現在、コメントへ
のお返事はしておりません。
ごめんなさい。
でも、すべてちゃんと読ませて
いただいて、いつも元気をいた
だいています。ありがとうございます。




Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

プロフィール

RINKO

Author:RINKO
zo insung(趙寅成)に中毒な幸せな日々と韓国ドラマと映画♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。