head2
RINKOのzo insung(趙寅成)中毒な日々と韓国映画とドラマ

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する乙女な皆さんへ

ファンミについての私のつぶやきにたくさんコメントくださって、ありがとうございました。
みんな恋する乙女だわ!そんなみんなが大好きよん。

ビバ!乙女!


本来ならばコメントひとつひとつにお返事をせねば失礼なのですが、私本当に書くのが遅いんです。物書きなのに(^^;)。ファンミのご報告も何時間かかったことやら。ということで、たいへん失礼だと思いつつ、ブログを更新することでお許しいただければ幸いです。でも、コメントは本当に嬉しいです・・どんどんコメントくださいね(←わがまま・・)。



さて、ファンミの内容について、ファンとのふれあいが少ないとか、東京A公演では、1人もファンを舞台に上がらせなかったりとか、一部のファンだけ注目を集めていたとか、席が不公平だったとか、お土産が前より少ないとか・・まぁ~言い出せばきりがないものです。

・・・私的には握手がないという地点で、ファンとのふれあいなんて終わってます(* ̄m ̄)。

なので、<ふれあい>なんていう期待は最初からしてなかったので、あまり不満もなかったです。握手がなかったこと以外は(笑)。とはいえ、握手があった去年のファンミでさえ、夢のようだといいながら、フラフラになりながら300人近いファンと握手をするインソン君の姿は痛々しかったけど。

まぁ、見切り発車的ファンクラブのスタートだったし、サイダスには今後しっかりしていただきたいけれど、インソン君が席のことも気遣い、ふれあえなかったファンを気遣い、会場に足を運んでくれたみんなを気遣い・・その気持ちに免じて良しとしましょう。


そもそも、人を好きになれば、知りたいし、聞きたいし、触りたいし、自分を見てほしいし、知ってほしいものです。ただ、好きになればなるほど、追えば追うほど、叶わぬ恋の場合、思いはつのり、切なくなり、苦しくなるものでござ~~ます。

そりゃファンミがあれば会いたいし、握手会があれば触りに行きたい(いやらしい表現だよ・・それ)。実は、いまだに去年のファンミで

『なぜ、ハグしてもらわなかったんだろう・・

と後悔の嵐がおさまってません。これはいつか・・必ず、実現せねば、私は死ねないっす。

でも、それはそれで願いが叶えば、切なく、苦しくなって後で自分の気持ちをもてあますのは目に見えてますが。じゃぁ、どぉ~~~すりゃいいのさ、この気持ち。

ってことで、出待ち、入り待ちしたら満足するかといえば、そうでなし、空港にお迎え・見送りしたら、気持ちがおさまるかといえば、またもっともっとと思うだけ。というのがわかっているので、私は行かないのです。いったい、どうしてほしいんでしょうかね。なので毎回<自分なりの応援の仕方>というのを考えてしまうわけです。


いろんな応援の仕方があって、いろんな愛し方があっていいのではないでしょうか。迷惑さえかけなければ、彼の行くところ行くところ、追いかけられる人は追いかければいいと思うし、作品だけを楽しみにという形ももちろんありだし。そこに想いの優劣はないはず。


いろいろ悩んだときは、インソン君にとってどうあることが彼が喜んでくれるだろ~か・・と考えるのが一番ですね。ついでに、ず~~っと年下のインソン君に会ったとき(会えないってば)、恥かしくない大人の女性でいたいものです。そうよ、年下の男がつい惚れてしまうような女になりましょ~~~~~皆さん!12歳の子がどう逆立ちしたって年上の女にはなれないわ(って言ってる段階で負け犬・・です)。

・・・しかし、こんなことを真面目に、深刻に書いてる私は・・かなり、壊れてる?ヤバ
友達なくすかしら?仕事もなくすかしら?ふと我に返ると恐いわ・・。

でもね、でもね。こういう若い男に入れ込んでる自分が好きだし、インソン君のファンのみんなが好きです♪

彼に会えるからって、いつもよりぐ~~~んと素敵にお化粧してきたり(一緒に新大久保行くときと大違い!)、いつも着ない可愛い洋服を着てみたり、いつもよりずっとテンションが上がって壊れたり、道歩きながら笑いがこみあげて怪しかったり、インソン君のことを話すだけで顔が赤くなったり(皆さん、身に覚えがありますよね?)、そういうの本当に可愛いなぁ~と思うし、いきいきしてて素敵だし。

いつもほとんど何も考えずに着物を着る私でさえ、ファンミの日は何を着ようかと考えましたもん(結局、ただの普段着だったけど・・)。

おそらく一喜一憂しながら、こうしてずっと応援していくことになりそうですね。でも、みんなとワイワイ言いながら彼が演技をやめるその日まで、応援できたら、それはまた幸せなことです。


とにかく、インソン君にアジアを代表する映画俳優になって欲しい・・それが私の一番の願いです。そのために私たちができることは何でも♪



・・・と思えるのに、



結婚はしてほしくないな・・と思う私。


もぉ、乙女心は難しいぃ~~~(爆)。
スポンサーサイト

コメント

RINKOさんお久しぶりです。
ファンミでお会いできるかと思っていたのですが、
やっぱり会場広かったのですね。
残念でした。
生インソン君とっても良かったです。

嬉しいことがB公演でありました。
衣装チェンジ後のジーンズ私もおそろ持っています。
(席が前の方だったのでしっかりチェック出来ました。)
日本のブランド「アンダーカバー」の先シーズンのものです。
インソン君も大好きだけどアンダーカバー好きの私には2重の喜びでした。
HNももちろんUNDERCOVERからきてますよ。
先シーズンのものだからもしかして私物?
私が履くのとインソン君が履くのとではこんなに違うのねと色々な思いを馳せていました。

ファンの思いは際限がないですが、
私には今回くらいのふれあいで十分なような気がしました。(約4時間生を見続けられたのですから・・・)
と寛大なことを書きましたが、結婚は嫌です。

しばらく独身でいて~

頻繁な更新ありがとうございます! 楽しみにしてます。 今日もインソン君を思い出し、ニヤつき、うっとりしている私です。 先週迄、ラブストーリーインハーバードのキムレォンもいいなぁと思ってしまいましたが、そんなのブッ飛んでしまいました。 ファンミは、私も握手が無いのが一番残念でたまりません。 友人が、昨年、イドンゴンのファンミは握手付きポスター手渡しだったらしく、期待していたのです。 いつかは、ハグしてもらうのを夢見て、毎日実生活を頑張って過ごします。 RINKOさんの「いろんな応援の仕方~」のコメントに同感しました。 まわりの空港お迎え話、大阪迄ファンミに行く話を聞いて、自分の応援は足りないの?と思ってしまった時がありますが、仕事等でどうしても無理という事がありますよね。できる範囲でアジア一(アメリカ進出も)迄応援したいです。 インソン君は、せめて35位までは独身でいてほしいなぁ(;^_^A P.S RINKOさんの白いお着物素敵で、目立っていましたよ。

RINKOさん、会場でお会い出来て、嬉しかったです~
でも、私を覚えていてくださったかは、?ですが・・
夏らしい白いお着物、一緒にいた母も誉めていました^^
素敵でしたよ~

インソン君は、生で見ると本当にキラキラしていて
お人形みたいでした。
私も、RINKOさんの応援の仕方に対する気持ち
わかります~

恋こがれているインソン君だけど
年齢とか、しぐさ、興味のあるものの
お話を聞くと、あきらかに高校2年の息子の方に近い・・・!
現実に戻る瞬間だったけど
この想いは、インソン君には届かないので
我が子のインソン化計画、続行中です!
(かなり、無理がありますが・・・・・)

インソン君は、素晴らしいです!!
ずっと、ずっと応援して行きたいです!

みなさんのコメント

うなずきながら、そういう考えもあるのだな等、思いながら読ませて頂きました(^^)
私は、初の生インソン君だったので、いい年してキャーキャー言ってました。しかし、いい男(*^^*)
私も、握手して欲しい反面、十何年前のアイドルの握手会に参加した時、やはりかなり疲れていました、若い私には、その態度はかなり感じ悪く一気に熱が冷めてのを覚えています・・・そう考えるとかなりの人数の握手会は、やはりかわいそうな気もするが、誰か握手しているのを見れば、羨ましくもなり、全員にしてと矛盾な考えが交差しますね^^;握手の変わりに、負担の少ないインソン君の撮影タイム、少しでも近くでみたいのです。
(韓国のファンミは、カメラOKのイメージが、よくサイトで見ますよね。)
Yokkoさん、うちも小2の息子が、インソン君に似てると(ファンのみなさんに怒られちゃうかな・・・)韓流好きのママ達に言われるので、インソン化計画実行したいですが、あんなに背が高くなるのは難しそうです(^ε^)

(#^_^#)スキッ!

リンコさん!本当にそうですね。お忍びで日本にふらっと遊びに
来たインソン君に道を尋ねられたりするかもしれないし!(ありえなーい!)いつ会っても大丈夫なように自分に磨きをかけたいです。会えなくても、『インソンファンってオシャレな人が多いんだよね~』なんて言われたいですね。
UC さん、あのジーンズはアンダーカバーのものなんですね。ほんとに素敵でしたよね。ずっと気になっていたのです。日本のブランドだったなんて!コレが私物だったりしたら本当に嬉しいですね。彼と共通のものがあるなんて、とってもうらやましいです。すごくオシャレで高価そうですが、私も欲しいナァ~。
Yokko さん、ヒロソンさん、息子さんのインソン化計画頑張ってください!私も息子がいたら絶対にやりたいのですが、残念ながら娘のみ。こうなったら彼女達の彼氏にかけるしかありません(笑)。うっ・・・何年先になるのやら・・・。


はじめまして

”恋する乙女”に反応してしまいました!
いくつになってもトキメいていたいですよね。
もう何年も忘れていたものをインソン君が思い出させてくれました。
東京の初インソン君はこの世のものとはとても思えないくらい美しかった!インソン君の素敵さは写真なんかじゃ伝わらないんだって思いましたね~。いまだに現実に戻りきれていません。
子供も夫もほったらかしで北海道から参加しましたが行ってよかったです。サイダスへの不満も消えました。さすがインソン君!?

東京ではヒロソンさんとお隣でしたね。息子さんのインソン化計画楽しみですね。うちの5歳の子はどう頑張っても柔道の似合う日本男児です。smileさんみたいに小3の娘の彼氏に期待するわ~。

これからも・・・

RINKOさん、いつも楽しいブログありがとうございます!
楽しく読ませていただいております。
今回も、ファンミに参加するだけで何もできなかった私でしたが、
多くの人に感動を与えることができる俳優さんに成長することを
心から応援しているし、祈っています。
もちろん、インソン君をそばで見たい・握手してほしい・ハグしてほしい・・・そんな気持ちは、この年齢になってもありますが、
それは、私たちファンの一方的な感情であり、ファン心理ですよね。
インソン君にとって何が一番大切か考えたときに、
それはファンミで最後に彼が言った一言、
「ずっとぼくを応援してください。」
これだと思います。
インソン君の数あるファンサイトでは、
「羽田にお迎えに行った。」「関空にお見送りに行った。」
「東京から大阪の移動で会った。」等、たくさんの書き込みがありました。
そのスタンスが悪いというわけではないのですが、
私はもっと静かに、でもずっと彼を応援してあげたいと思ってます。
インソン君と同じ時代を生きて、彼がこれから成長する姿を
この眼で見守ることができるだけでも幸せだと思ってます。
RINKOさんのインソン君を応援するスタンスとても共感できます。
「そうそう!インソン君について私もそう思ってたのよね~」
っていつも感じています。
(遅れましたが、「韓ドラホリック」いつも読んでます!
擦り切れるほど・・・(笑))
いつの日か、RINKOさんやHanagumiのみなさんとお話できることを
楽しみにしています。
これからもインソン君とRINKOさん、応援していきますよ!

たいちゃん、ここでもつながってるなんて感激です!
RINKOさんのサイト面白いので、よくお邪魔してるのです(^_-)-☆
ようやく、日常生活落ち着いて参りました。
RINKOさん、インソン君に、今出来ること、シネマートへのメールしましたよ~、他のコメントみてもインソン君の映画の公開して下さいばかりで、みんな気持ちは一つですね、一生懸命頑張った映画、思いが通じて、公開になればいいですね(^◇^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://insungholic.blog38.fc2.com/tb.php/162-e1529d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad






MusicPlaylist
Music Playlist at MixPod.com



インソンホリック♪ストア~ open!





*このブログについては→コチラ

*感想、お問い合わせなどは→コチラ  



*コメント、メール大歓迎です。
たいへん申し訳ありませんが、
季節労働者のような仕事をして
いるため、忙しい時期はコメント
ひとつ、ひとつにお返事をしている
と、まったくブログが更新できない
状態となり、お返事できる時期と
できない時期とあって、かえって
失礼かと思い、現在、コメントへ
のお返事はしておりません。
ごめんなさい。
でも、すべてちゃんと読ませて
いただいて、いつも元気をいた
だいています。ありがとうございます。




Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

プロフィール

RINKO

Author:RINKO
zo insung(趙寅成)に中毒な幸せな日々と韓国ドラマと映画♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。