head2
RINKOのzo insung(趙寅成)中毒な日々と韓国映画とドラマ

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル「ラ・マンチャの男」

lamancha
ODミュージカルカンパニー

おかげさまで何とか昨日中に撮影も終わり、午前中は起き上がれないほど疲れていましたが、なんとか生スンウ君に会うべく駆けつけました。


はぁ~~~観れて良かった。幸せ。
やっぱり見逃したら大後悔の嵐だったに違いありません。
私が同じ時代に生きてて良かった・・と思える数少ない役者さんです。
ホント、明日も暇なら楽日、もう一度、スンウ君&キム・ソニョンさんの組み合わせで観たかった。しかし、こうして年に1回、彼のミュージカルが観れたら、ホント幸せだと思いました。

声のハリも良かった。ズ~ンと響く歌声に3回くらい鳥肌がたちましたよ。歌はもちろんですが、さすがスンウ君。セルバンテス、アルドンゾ・キハーナ、ドン・キホーテを見事に演じ分けています。劇中劇なので難解なお芝居なのですが、演技がうまいので難しく感じないほど。演技力がないと観客がしらけてしまうと思いますね。

じいさんドン・キホーテ姿が多いのですが、最初と最後の薄い白シャツ3つボタンはずしは魅力的だったな~。あの姿をもっと長く観たかった(笑)。最後、階段を上がっていくとき、振り返ってにっこり笑う笑顔がかわいくて『おぉ~~~~スンウ君だわ~~♪』と胸キュンでした。

「ジギハイ」のときより余裕がありましたね。『いらっしゃいませ~』『神様』など日本語連発してましたよ。「ジギハイ」のときはまだ、日本の観客に戸惑っていたり、体調もいまひとつだったようですが、今回はホントに精神的にも体力的にも充実しているのが見て取れました。私のなかでは映画俳優<ミュージカル俳優という感じになりつつあります。はい。

ホント、スンウ君だけでなく、他のキャストのレベルも高いのには驚きます。カンパニー全体の質の高いこと。ユン・ゴンジュさんがちょっと声に疲れが感じられましたが、それでも素晴らしかった。キム・ソニョンさんの歌も聞きたかったなぁ~。

ミュージカルって日本語でも何言ってんだかわかんない・・ことが多いのに、字幕読みながらなんてと心配される方も多いでしょ~。確かにスンウ君に釘付けになりたいのに、字幕を読まなくてはいけないのはつらい。でも、結局のところ、字幕なんてどうでもよくなってくるんです。スンウ君はじめ、他の役者さんの歌がストレートに<感情>として伝わってくるから。字幕なのに、ウルウルしてしまいましたよ。日本のミュージカルで涙出ること、めったにないんですが。今回は1階席の右よりだったんですが、おかしかったのが、スンウ君が出てくると1階席でもみな、オペラグラスをいっせいに使うのがわかる。近い、近い・・って、私も使ってたけど(爆)。


毎度のことですが、カテコの投げキッスはかっこいいぃっ!


しかし、もう少し宣伝に力を入れてほしいです。
さすがに明日が楽日ということもあって、わりと1階は入っていましたが、それでも端っこや後ろの方は空席、2階はかなり空席だったのではないでしょうか。もったいないです!最近は観終わって『チケット代は全然惜しくなかった・・』という芝居が少ないなか、1週間の公演なんだから、もっと入ってもよいと思うのですよね~。しっかり宣伝PRに取り組んでほしいもんです。役者さんがかわいそうだし、もったいないと思うのですよね。。

とにかく、来年もぜひぜひスンウ君のミュージカルお願いしたいですっ!
スポンサーサイト

コメント

ブラボー!

RINKOさん、本当にステキ~でしたね!
ジギハイ以来のスンウさまの生歌声に失神寸前でした。v-238
しばらく感動冷め遣らぬ状態が続きそうだわ~v-10

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://insungholic.blog38.fc2.com/tb.php/208-13deec75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラザー・サン シスター・ムーン

フランチェスコの物語。ドノバンが歌う詩は切なく甘く苦い。だがこれはお伽噺。東から来た旅人に尋ねた戦は終ったのか旅人はただ西を示した崩れた城壁の下で詩を歌った。これからDVDを鑑賞したい方に印象的なシーンの幾つかを紹介したい。サン・フランチェスコは二十代前半

 | HOME | 

FC2Ad






MusicPlaylist
Music Playlist at MixPod.com



インソンホリック♪ストア~ open!





*このブログについては→コチラ

*感想、お問い合わせなどは→コチラ  



*コメント、メール大歓迎です。
たいへん申し訳ありませんが、
季節労働者のような仕事をして
いるため、忙しい時期はコメント
ひとつ、ひとつにお返事をしている
と、まったくブログが更新できない
状態となり、お返事できる時期と
できない時期とあって、かえって
失礼かと思い、現在、コメントへ
のお返事はしておりません。
ごめんなさい。
でも、すべてちゃんと読ませて
いただいて、いつも元気をいた
だいています。ありがとうございます。




Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

プロフィール

RINKO

Author:RINKO
zo insung(趙寅成)に中毒な幸せな日々と韓国ドラマと映画♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。